購入前に一読!ジェネリック家電ロボット掃除機お薦め6つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ロボット掃除機といえばアイロボットのルンバ!ですよね。

ただ価格が高い…6万、8万、10万以上するモデルもあります。

シリーズがいろいろありすぎてよくわからないという声も多いですね。

そんなロボット掃除機も発売から10年近く経ち、ジェネリック家電でもロボット掃除機がでてくるようになりました

ジェネリック家電とは?

ジェネリック家電(ジェネリックかでん)とは、ブランドにこだわらず技術的には大手メーカーと同等の部品を使いながら、過剰な機能を落とし低価格を実現した日本家電商品。

 

まずは高価なルンバに手を出さず、お試しでロボット掃除機を使ってみたいという方にはジェネリック家電で検討するというのもおすすめです。

ということで。エントリーにおすすめな1万円台以内で買える&充分な掃除機能のある機種をピックアップしてみました。

 

amazonで人気!

ツカモトエイムのロボットクリーナー ミニ ネオ

●約23.5cmの手の平サイズで、ソファーやベットの下もスイスイお掃除してくれる
●基本性能が備わったスタンダードモデル。スイッチひとつの簡単操作
●「らせん走行」「バンパー走行」「壁沿い走行」、3つのプログラム動作でお部屋を広範囲にお掃除する
●「落下防止センサー」「高感度ショックセンサー」、2つの安全装置が階段などの段差や障害物を感知するので、安心してお掃除ができる
●ダストボックスは簡単に取り外せて手洗いOK

ツカモトエイムの商品公式サイトはこちら:http://www.tsukamoto-aim.co.jp/products/detail_78.html

 

■CCPのLAQULITO

●【スイッチ1つですみずみお掃除】スイッチを入れるだけの簡単操作。自動でお掃除を開始
●【省スペース】充電台の付いた新しいデザインのロボットクリーナー。縦置きなので置く場所に困らない
●【1台3役のお掃除機能】(かきこみ)2つの回転ブラシが、お部屋の隅にたまったゴミまでしっかりかきこむ (すいとる)バキューム方式で、かきこんだゴミやホコリを効率的に吸引 (ふきとる)専用モップシートを装着すれば、汚れを拭き取る事が可能 ※カーペットのあるお部屋ではモップシートホルダーを外してください
●【薄くて軽い】ベッドやソファの下など手の届きにくい場所もお掃除可能。約1.5kgの軽量設計で片手で持ち運べる
●【3つのクリーンモード搭載】ラクリート本体が3つの動き(スパイラル・ランダム・壁づたい)を自在に組み合わせ、お部屋をすみずみまできれいにお掃除
●【段差を乗り越える】最大7.5mmまでの段差を乗り越えるので、フローリングとカーペットの境目なども、スムーズに対応
●【落下防止感知センサー】走行中に、本体底部にある落下防止感知センサーが、高さ10cm以上の段差を感知し、落下を回避

CCP(シー・シー・ピー)メーカー商品紹介サイトはこちら:http://www.ccp-jp.com/life/laqulito/index.html

 

V-BOTの自走式ロボットクリーナー マカロン

●直径24.2cm、重さ約1kgの小型軽量なロボット掃除機です。
●特許を取得した陰圧式吸い込み口、2つの回転ブラシ、容量290mlのダストボックスでしっかりお掃除します。
●最大12畳程度のお部屋に対応し、満充電状態なら最大で約45分お掃除をします。(満充電に要する時間は4~6時間です)
●ケーブルなどの巻き込みを防止する、安全カバーが付いています。

V-BOTのメーカー商品紹介公式サイトはこちら:http://www.v-bot.jp/macaron/index.html

 

■ANABASのスリムロボクリーナー[SZ-M110]

●超薄型設計:薄さ5.5cm。ソファーやベッドの下もスイスイ。
●ワンタッチボタン:操作は簡単ワンタッチ。複雑な操作は必要ありません。
●落下防止機能:段差を検知し、旋回しながら掃除を継続します。
●サイドブラシ:2つのサイドブラシで小さなホコリなどを強力に掻き込みます。また、取り外して水洗いも可能です。
●拭き掃除機能:拭き掃除用シートを取り付ける事で、細かいホコリを除去します。
●【仕様】充電時間:約5時間(電池の状態により、充電時間は変わります。)
●稼動時間:最大約60分(床面の材質・使用環境により異なります)

ANABASのメーカー商品紹介公式ページはこちら:http://www.anabas.co.jp/taichiholdings/j/product/sz_m110/

 

■BMXrobotのお掃除ロボット MAO【マオ】

●バッテリー長寿命リチウムバッテリー(800回の充放電後でも約80%の容量を維持しています)
●毎日動かしても約2年2カ月の長寿命。平日だけなら約3年間。バッテリーはご自分で簡単に交換できます。
●UV機能:UV殺菌灯を搭載。
●モップ付属のモップを取り付ければ、ブラシで取れない汚れをモップが拭き取ります。簡単に取り外して丸洗いも可能。
●自動充電:掃除後は自動で充電ドッグに戻ります。
●衝突防止:赤外線センサーとソフトタッチセンターのダブルで障害物を検知します。
●リモコン(予約機能)付便利なリモコンが付属。ライフスタイルに合わせたお掃除スケジュール(曜日・時間)を簡単に予約できます。
●段差乗り越え機能:パワフルモーターで段差を楽々乗り越えます。(最大2cm)
●低騒音マンションで夜中に使用する方、ペットや赤ちゃんがいるご家族にもオススメです。
●USBポート付停電時に便利な充電用バッテリーになる「USBポート」付き。

BMXrobotのメーカー商品紹介ページはこちら:http://www.bmxrobot.com/service.html#mao

 

■クレモンのMR6600シリーズ(スタンダードモデルMR6680J-G)

●1時間のスピード充電/60分作動
●環境に優しいリン酸鉄リチウムイオンバッテリー
●水洗い可能な大容量ダストボックス
●国内メーカー製のBLDCモーター
●ベッドの下、ソファーの下、家具の下を集中的に掃除するシャドウモード
●高さ約8センチのスリムデザイン
●自動充電
●モップ装着可能

クレモンメーカーサイトはこちら:http://clemon.smile-mon.jp/

 

いかがでしょうか?

今回は1万円台以内で買えるロボット掃除機たちを紹介しました。

一般的には聞き馴染みのないメーカーのものが多いですがジェネリック家電ですから。

しかしレビューなど評価はまずまずよく、はじめてロボット掃除機を試しに使ってみる!買ってみる!という方にはおすすめです。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)