6月参入のアンカージャパンがロボット掃除機市場その後は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

モバイルバッテリーやUSB充電器のアンカー・ジャパンが6月9日に、Ankerブランドとしては初となる家電製品を販売すると発表しました。ロボット掃除機やコードレス掃除機、2種類のオイルディフューザーをラインアップし6月11日からAmazon.co.jp上で販売すると。

photo

その発表から約ひと月経った今、アマゾンのロボット掃除機カテゴリでは、ほしいものランキングにAnkerのロボット掃除機がなんと1位にランクイン!注目されているようです。価格も25,000円くらいなのでお手頃ですね。実際に購入された方のレビューもありますし、気になる方は参考になさってください。

 

ankerロボット掃除機ほしいものランキング2016年7月

RoboVac 10
自動清掃ロボット

Anker: 1000万人以上が支持するブランド
– 業界最先端技術による製品
– 99%の高評価

簡単に自動清掃
RoboVacは自動でお部屋の清掃をするロボットです。お部屋に合わせて清掃モード(自動モード、スポットモード、エッジモード)を選択でき、また掃除のタイミングも設定可能。手がかからずに、簡単に清掃が可能です。専用リモコンが付属し、操作も簡単です。

シンプルかつハイエンド
薄く丸形のシンプルなデザインなので、家具の下など手の届きにくい場所のホコリも清掃可能。15mmまで乗り越えることができるので、カーペットの上や隣の部屋の敷居をまたいで家中の清掃が可能です。(※厚い毛皮カーペット等ではご使用いただけません)

3つの優れた組み合わせ
サイドブラシ、回転ブラシ、強力な吸引力の組み合わせによってお部屋の隅々まで清掃可能。ゴミやホコリは効率的に吸収され、ダスト容器に集められます。

長時間バッテリー
2600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、吸引力は変わらずに、約100分間の連続使用が可能です。

HEPAフィルター
HEPAフィルターを搭載し、ダニやカビ、ペットから出る小さなアレルギー物質を取り除きつつ、排気はきれいに保つことができます。

世界でも名高い製品保証
Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。

 

日本のロボット掃除機市場は、アイロボットのルンバ以外は日本メーカーばかりでしたが、最近海外メーカーの日本市場参入や、他業種からのロボット掃除機参入もはじまり、ようやく活性化しつつあります。

消費者としては競争してくれればその分良い製品が生まれるでしょうし、競争原理が働くことはウェルカムです!

でも個人的にはこういう新しく参入したメーカーのものだとランニングコストの想像がつきにくいというデメリットがあります。メジャーなメーカーのほうが口コミも多く、参考情報が多いのです。

このAnkerの場合、私の候補には入らなさそうです。

1:高さが11cmと薄くない。私は薄型を希望

2:ランニングコストが想像しにくい

3:レビュー評判を見ると良いのと悪いのが分かれている

上記が主な理由です。

 

今後も新しいメーカーの新商品にも注目しつつ、自分に適したお掃除ロボットくんはどの子なのかじっくり検討していきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)