【ロボット掃除機のキホン1】高さ・厚みに注目しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなんさんはロボット掃除機を選ぶ時って何をポイントで選んでいますか?

 

連続稼働時間・フィルターの有無・ゴミ箱の容量・吸引力・高さ・・・など様々なポイントがありますよね。

この「ロボット掃除機の基本」ではそういったロボット掃除機を選ぶ際の基本となるポイントについて説明していきたいと思います。

 

今回はロボット掃除機の高さについて説明します。

shutterstock_277827251

ロボット掃除機を選ぶ際には性能などに目がいきがちですが、ロボット掃除機の本体サイズについてもしっかりと比較するようにしましょう。

 

なぜなら、ロボット掃除機の高さがが高すぎるとソファーやテレビ台の下、ベッドの下などの隙間に入れなくなってしまうからです。

 

ソファーやベッドの下は普通の掃除機でもなかなか掃除をする事が出来ない空間です。それなのにゴミやホコリが溜まりやすいのでせっかくロボット掃除機を買ったのなら掃除したい空間ですよね。

 

例えば、ロボット掃除機の代名詞であるルンバは高さ9.2cmです。

そして、ダイソンから発売されたダイソン360は12cm、そして超薄型を売りにしているエコバックは5.7cmです。

 

この3機種だけ比べても最も高さが小さいものは5.7cm、大きいものは12cmと実に6cm以上の差があるんです。

 

6cmの差はかなり大きいと思います。

 

ですから、まずは部屋にあるテレビ台やソファーなど隙間の高さを測ってみましょう。

その隙間に入れるロボット掃除機を選ぶのがポイントです。

 

今後、家具などを買い足したり買い換える事を考えるのであれば出来るだけ薄型のロボット掃除機を買っとくのがオススメです。

 

もちろん、家具の下などは掃除をしなくてもいい!っていう人は性能などで選ぶのもアリですよ!ロボット掃除機にどんな場所をどんな風に掃除させたいのかという事を考えてみるのもオススメです!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)