新商品・新発売情報関連

6月参入のアンカージャパンがロボット掃除機市場その後は?

モバイルバッテリーやUSB充電器のアンカー・ジャパンが6月9日に、Ankerブランドとしては初となる家電製品を販売すると発表しました。ロボット掃除機やコードレス掃除機、2種類のオイルディフューザーをラインアップし6月11日からAmazon.co.jp上で販売すると。

photo

その発表から約ひと月経った今、アマゾンのロボット掃除機カテゴリでは、ほしいものランキングにAnkerのロボット掃除機がなんと1位にランクイン!注目されているようです。価格も25,000円くらいなのでお手頃ですね。実際に購入された方のレビューもありますし、気になる方は参考になさってください。

 

ankerロボット掃除機ほしいものランキング2016年7月

RoboVac 10
自動清掃ロボット

Anker: 1000万人以上が支持するブランド
– 業界最先端技術による製品
– 99%の高評価

簡単に自動清掃
RoboVacは自動でお部屋の清掃をするロボットです。お部屋に合わせて清掃モード(自動モード、スポットモード、エッジモード)を選択でき、また掃除のタイミングも設定可能。手がかからずに、簡単に清掃が可能です。専用リモコンが付属し、操作も簡単です。

シンプルかつハイエンド
薄く丸形のシンプルなデザインなので、家具の下など手の届きにくい場所のホコリも清掃可能。15mmまで乗り越えることができるので、カーペットの上や隣の部屋の敷居をまたいで家中の清掃が可能です。(※厚い毛皮カーペット等ではご使用いただけません)

3つの優れた組み合わせ
サイドブラシ、回転ブラシ、強力な吸引力の組み合わせによってお部屋の隅々まで清掃可能。ゴミやホコリは効率的に吸収され、ダスト容器に集められます。

長時間バッテリー
2600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、吸引力は変わらずに、約100分間の連続使用が可能です。

HEPAフィルター
HEPAフィルターを搭載し、ダニやカビ、ペットから出る小さなアレルギー物質を取り除きつつ、排気はきれいに保つことができます。

世界でも名高い製品保証
Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。

 

日本のロボット掃除機市場は、アイロボットのルンバ以外は日本メーカーばかりでしたが、最近海外メーカーの日本市場参入や、他業種からのロボット掃除機参入もはじまり、ようやく活性化しつつあります。

消費者としては競争してくれればその分良い製品が生まれるでしょうし、競争原理が働くことはウェルカムです!

でも個人的にはこういう新しく参入したメーカーのものだとランニングコストの想像がつきにくいというデメリットがあります。メジャーなメーカーのほうが口コミも多く、参考情報が多いのです。

このAnkerの場合、私の候補には入らなさそうです。

1:高さが11cmと薄くない。私は薄型を希望

2:ランニングコストが想像しにくい

3:レビュー評判を見ると良いのと悪いのが分かれている

上記が主な理由です。

 

今後も新しいメーカーの新商品にも注目しつつ、自分に適したお掃除ロボットくんはどの子なのかじっくり検討していきたいと思います。

最近人気急上昇!panasonicの三角掃掃除機ルーロ!

三角形の掃除機ロボット、panasonicのルーロがここ最近人気急上昇の理由は?

 

自動ロボット掃除機といえば、ルンバをはじめ、国内、海外メーカーともに丸型。

しかし日本の家電メーカー、パナソニックか2015年にロボット掃除機に参入して発売したルーロは三角形と異色でした。

そして1年以上が経った今、ここ最近ルーロが人気になってきています。

その理由は?

 

西島西島秀俊さんのCM効果!?

海外でも少し話題になっているらしいこちらのルーロのCM。

ロボット掃除機のブラシがお部屋隅まで届き、隅に逃げたホコリ・ゴミをキレイに掃除しちゃう感じがリアルです(笑)

女性ファンも男性ファンも多い西島さん。

西島さんのこのCMを見ると、ルーロがキレイに掃除してくれるイメージが出来ちゃいますし、今までルンバ一辺倒だったロボット掃除機のイメージが三角!?驚きと発見につながり、今までロボット掃除機に興味がなかった人も関心を持ちそうです♪
パナソニックもいいCM作りましたね!お掃除ロボットの良さがちゃんと伝わりつつ絶大なインパクトがあります!
ルーロ製品の掃除能力の良さもちゃんと伝えられているので効果的なCMと言えるのではないでしょうか?

 

 

三角型だから残しやすい隅の埃やゴミもしっかりお掃除!?

 180mmのワイドな吸込口を前方に配置。2本のサイドブラシで集めたゴミを吸込口中央にかき入れる。「ルーローの三角形が使えるのでは?」

 

日本製ならではの、日本人が気になる掃除についての心配り機能も搭載!?

ルーロは、エリア指定予約や掃除結果の報告機能を新たに搭載しています。

自動充電、落下防止、段差乗り越えなどのよくある機能はもちろん搭載しつつ、日本メーカーならではの細かい性能が取り入れられています。

【予約設定項目】

●曜日●時刻●モードで設定できるので、ただのタイマー機能ではなく、曜日毎に何時から、どこからお掃除するかなど指定して予約できます。また、ルーロが停止した際はその原因を報告してくれる機能もあるそうです。

ルーロ掃除予約機能

 

【床面検知センサー】

底面の検知センサーが床の材質を検知するので、フローリングやじゅうたん、カーペット、畳など、材質に合った走行速度と吸引力を自動で調整することで、掃除効率もアップします。たとえば、じゅうたんのゴミが多い時は一回転して走行。じゅうたん掃除に効果的な「十字がけ」と同じく、多方向から掃除をしてくれます。

 

ルーロ使用者の声(ルーロ公式HPより)

コーナー部分の掃除は想像以上。ほぼ完璧に掃除できている。ルーロの売りであるコーナー部分の掃除は想像以上に丁寧だと実感しました。また、本体サイズが小さいので、狭いところや障害物が入り組んでいるところも、奥まで入って丁寧に掃除してくれます。髪の毛・綿ぼこり・砂ぼこり・糸くずなどはほぼ完璧に掃除できていると思います。

 

ラグマットが見違えるほど綺麗になります。ルーロは、特にラグマットが得意なようです。初めてラグマットを掃除した時、たくさんのゴミがとれていて感動しました。和室とリビングで二種類のラグを使っていますが、どちらも見違えるほど綺麗になります。

 

壁に沿って、部屋の周りをぐるりと一周。キチンと掃除してくれます。ルーロはスイッチを入れると、まず壁に沿って部屋の周りをキチンと掃除してくれるのが良いですね。センサーで家具を検知して、ほとんどぶつかりません。

 

厚み1.4㎝のプレイマットの段差も問題なしです。最近、赤ちゃんの安全と階下への騒音防止をかねてプレイマットを購入した。マットの厚みは1.4cm厚。説明書で段差2cmまでは乗り越えられると書いてあるとおり、問題なく使える。プレイマットの上でも問題なく走行・掃除を行い、ハウスダスト発見センサーも動作する。

 

 

日本製らしくロボット式掃除機が進化したルーロ。

掃除能力はもちろん研究に研究を重ねているので間違いなし。ロボット掃除機選びの選択肢の1つに入れたいところです。

まだまだこれからアドバンテージがあります。西島さんのCMも一役かって、最近人気急上昇中らしいです。

うーん、ルーロもいいかも!と思ってきました。個人的に三角のデザインも好きです♪