掃除機ロボットの音ってどのくらい?

今、通常の掃除機をお使いの人が、ロボット掃除機に買い替え、買い足しを検討していて気になることの1つに音があるのではないでしょうか?
ロボット掃除機は一般的な掃除機と比較すると音は小くなるはずです。
通常の掃除機ですと「ウイーン!」と音がすると思いますが、ロボット掃除機は吸引というよりもブラシでごみをかきこんで掃除するタイプで吸引力は劣るものの音は静かになります。

ですから、夜でも掃除機をかけることができます。
集合住宅や賃貸のアパートなどで隣が気になる場合、掃除機を夜にかけるのは敬遠しがちですが、ロボット掃除機なら遠慮せず気になる時に毎日でもかけることができますね。

音はデシベル(db)で表示されます。では実際どの程度の音なのか調べてみました。

dbを公表していないお掃除ロボットメーカーもありますが、私の調べたところによると48~70db、大手メーカーのものだと58~65dbくらいのものが多いようです。

ちなみに人気・販売NO1のルンバですが、メーカーがdb公表してないので実際のところはわかりませんが、おそらく60~70dbレベルなのではないかと想像します。ルンバは掃除機ロボットの中でも吸引力もありますので、音については妥協せざるを得ないでしょう。その分ウィークポイントとして公表していないのでは?と個人的に感じたりしています。

●ルンバ=公表なし:予想60~70db
●amaoznなどで販売人気のCCPのお掃除ロボットは、60~65db
●機種シリーズの多いECOVACSのDEEBOTは52~56DB
●日本ではあまりなじみがないですが、LGエレクトロニクスのHOM-BOTは48db
とうことでLGは静音に気遣った製品となっているようです。

 

70dB やかんの沸騰音・セミの鳴き声(2m)
60dB 普通の会話・静かな乗用車
50dB 換気扇・家庭用クーラー室外機
40dB 図書館・静かな住宅街の昼
30db ささやき声・郊外の深夜

40dbの図書館レベルと70dbのセミの鳴き声では音の気になり具合が全く異なります。
この騒音を表す単位のdBは値が1下がるだけでも、結構な差を感じるそうなので、1でも低いに越したことはありません。

例えばテレビを見ながらお掃除ロボットに働いてもらいたい場合、テレビのボリュームはそのままでは聞き取りずらく、いつもより数段階上げないと聞こえずらくなるのは否めません。

掃除機ロボットでも有名メーカーでないものは70DBくらいのものもありましたので、音を気にする方は、機能、吸引力、デザイン、に加えてdb表示も事前にチェックされておくことをおすすめします。

毎日勝手に掃除してくれると思って買ったはいいが、音が気になって毎日かけなくなった…では意味がありませんからね。