ロボット掃除機

ロボット掃除機比較.net:自動充電機能有と無しの場合

ロボット掃除機と言えばルンバですが、今や各種メーカーから様々な種類のロボットクリーナーが発売されていて、価格も高いもの10万~安いものでは1万円以下で買えるまで多岐に渡ります。

なので、どのメーカーのどのタイプを買おうか迷われている方も多いのではないでしょうか?

一昔前まで、日本ではお掃除ロボット=ルンバでしたが、ではルンバと比較して他の機種の機能はどうなのでしょうか?

人気機種で機能別に搭載している性能として高いものと安いものではやはり、自動充電が有るか無いかが重要です。

もしくは自動充電機能がついていても、口コミや評判を見てみると「自動充電ステーションまで戻ってこない」というものもあります。。。

また、自動充電機能と一言でいっても各機種、メーカーごとに充電時間とその後フル充電した後の掃除時間は様々です。

そしてロボット掃除機でも価格が安いものはたいてい自動充電機能まではついていない(無)ことが多いです。

逆に、充電くらいは自分でやるよ(苦にならない)という方は、自動充電機能を無しにしてコスパ重視で機種選択することもできそうですね。

 

【自動充電機能有り】のロボットクリーナー

●アイロボット【ルンバ】 ルンバ870

今おすすめ「ルンバ870」 3時間充電120分使用 ¥50,800くらい~

 

●パナソニック【ルーロ】

今おすすめ「MC-RS200-W」 3時間充電100分使用 ¥75,000くらい~

 

●シャープ【ココロボ】シャープ ロボット掃除機 ココロボ スタンダードモデル クリーム系 RX-A50-C

今おすすめ「RX-A50-C」 5時間充電60分使用 ¥25,800くらい~

 

●東芝【トルネオ】東芝 ロボット掃除機 トルネオ ロボ グランレッド VC-RVD1-R

今おすすめ「MC-RS200-W」 5時間充電70分使用 ¥46,000くらい~

 

●CCP 【LAQULITO】 アロマ対応 シャンパンゴールド

今おすすめ「CZ-920-GD」 8時間充電 60分使用 ¥21,000くらい~

 

【自動充電機能無し】のコスパ重視ロボットクリーナー

●CCP 【LAQULITO】 (HEPAフィルター搭載) アロマトレイ付き

CCP 【LAQULITO】 自動ロボット掃除機(HEPAフィルター搭載) アロマトレイ付き ブラック CZ-S01-BK

今おすすめ「CZ-S01-BK」 ¥10,680くらい~

 

●ツカモトエイム 【ecomo】 ツカモトエイム ecomo 2in1モップロボットクリーナー (ホワイト) AIM-MRC01-WT

今おすすめ「AIM-MRC01-WT」 ¥6,500くらい~

【自動充電機能付きロボット掃除機の充電アダプタの大きさ】

掃除能力、吸引力、騒音、ダストボックスのサイズと使いやすさ、充電時間&稼働時間、ランニングコスト、ブラシの長さ、バッテリーの寿命、デザイン、価格などなど比較検討するのにもチェックしたい項目が盛りだくさん過ぎて困ってしまいますね…

でもせっかくお掃除ロボット買うなら自動充電は必須でしょ!と思いの方、充電装置の大きさやデザインもポイントですよ。だって充電装置も四六時中目に見えますからね。充電装置なんてそこまで気にしてなかったけど、デザインからいうとダイソン(Dyson 360 Eye)のが一番オシャレですね♪ダイソンでは充電ドックって呼ぶらしいです。

何!?このオシャレ~なガラス板っぽい超薄型充電装置!デザイン重視の方にはおすすめです。

 

 

これまでのコスパ重視系ロボット掃除機で自動充電機能のついていなかったメーカー機種も、最近では自動充電を標準化するモデルに切り替えてきているようです。自動タイマーで充電できるなど細かいオプション、機能お盛りだくさんなので、比較検討するのに困ってしまいますね。。。

でもなんだかいろいろ比較していると、やっぱりルンバかなーと思ってきている自分がいます。

意外!?掃除嫌いより掃除好きの人こそロボット掃除機向き。

私もそうですが、ロボット掃除機を欲しい、既に購入したという人の傾向とは?

実は、「ルンバ、ココロボ・・・ロボット掃除機の購入を検討している人が多いのは“掃除嫌い”よりも“掃除好き”の人」らしいのです。(株式会社マーシュ調べ:出典参考最後に記載)

ロボット掃除機掃除好きの人

  • ロボット掃除機購入(または買い替え・買い増し)の検討有無 N=2400 現在ロボット掃除機を使用しているという人も含めて、すべての回答者に「現在、自宅用にロボット掃除機の購入を検討しているかどうか」を聞いた。 結果、購入を決めている、もしくは購入するかどうかは未定だが検討しているという人を合わせると、全体の37.7%となった。 4割弱の人がロボット掃除機を持つことに関心を持っている。 男女別に比較してみると、男性は36.7%、女性はそれより若干多く38.6%(購入決定・検討中の合計)。 また、Q1「お掃除は好きですか」に対する回答別でも比較してみたところ、掃除が【好き(とても好き・好きの合計)】という人での関心度が【ふつう】【嫌い】という人に比べて高く、 購入を決めている、または検討している人の割合は5割を超える。おそらく、掃除が好きな人ほど『いつも綺麗にしていたい』という意識が強く、ロボット掃除機に関心のある人が 多いのではないだろうか。

 

このアンケート調査結果、少し意外な気がするのは私だけでしょうか。。。めんどくさいからロボット掃除機を買うというのではないのですね。お掃除好きの人は、毎日掃除をしたいから、いつも自分がやっている掃除の手助けにお掃除ロボット導入を検討するということなのでしょう。確かに、そういわれれば納得です。

ちなみに上記アンケート結果となったアンケート対象者は下記のような人たちです↓

掃除好き嫌いアンケート2

日本ではまだまだ紙パック式掃除機のご家庭が多いのですね。
確かにロボット掃除機とかちょっと前から流行っているサイクロン掃除機に買い替えようにも、日本の白物家電って丈夫で何年使っても壊れないですからね…まだ紙パック式が多いのも想像できます。でも思った以上に紙パック式が多い印象です。(アンケートデータが2012年のものですから少し古いこともありますが)

 

2016年ロボット元年

小型家庭用ロボから知育向けなど、「2016年は一般向けロボット元年」になると言われています。今年は掃除の分野でもルンバやブラーバに代表される家庭ロボット掃除機意外にも、世の中でますますロボットが増えて活躍していくでしょう。

各家電メーカーもますます開発に手をいれてくるはずです。今後の新製品発売に期待できそうです。

しかし同アンケート(出典:マーシュ)によるとロボット掃除機を購入しない理由にその価格の高さがあるのも納得です。

いくら良い製品、性能、機能を携えた新製品が発売されても価格が高すぎると一般普及するには障壁となります。

ロボット掃除機非購入理由

  • ロボット掃除機の購入を「検討していない」人の理由として最も多かったのは、「価格が高い」(51.6%)。次に多かったのは、「間取り・配置・家具などが適さないと思う」(38.1%)。

出典:マーシュ(アンケート調査)https://www.marsh-research.co.jp/mini_research/mr201205cleaner.html

 

ロボット掃除機、高いのは今後の普及率増にはネックか?

こうしてみると、欲しい人はいるものの、価格が高い、間取りが気になるなどが気になって「欲しいけど購入するには…」躊躇するのもうかがえます。だからか?懸賞やプレゼントなではルンバが人気だったりしますね。プレゼントや懸賞でロボット掃除機を手に入れた人の口コミからの良さや評判も今後ロボット掃除機がより多くの家庭に普及するには一役を担いそうだなと感じます。

名実ともに日本でNO1のルンバもアイロボット社がモニター募集やファンクラブ?を作ったりして人気のようです。

●アイロボットファンクラブ http://www.irobot-jp.com/fan/

アイロボット ファンプログラムについて:ルンバやブラーバの魅力を積極的に伝えていただける方に参加いただく登録制のプログラムです。お気に入りのこと、日々のご使用状況、オススメポイントなどあなたの言葉で周りの方に情報発信をしてください。「発信したい」「応援したい」という想いをお持ちの方なら、所有・非所有は問いません。アイロボット社製品に魅力を感じ、当取り組みに共感いただけるファンの皆様を募集します。

アイロボットファンクラブ

ということなので、早速私も登録してみました!ルンバモニター当選するとうれしいなーと期待しながら。

 

掃除好きじゃないけどやっぱりロボット掃除機がほしい!

アンケートの結果から掃除好きな人がロボット掃除機購入を検討しているとありましたが、私はそうではないと思っています。実際、私は掃除が苦手だしめんどくさいとおもってしまうのでロボットにお任せしたい、手助けしてほしいですし。

そして、お掃除好きな人は、自分が掃除機を手動でかける時間をロボット掃除機に任せられる分、他の細かな部分の掃除や、普段は週一、月一くらいでしかできない箇所の掃除をできるようになるメリットもあるのだと思います。

一人暮らしの人や共働き夫婦にロボット掃除機が人気なのもわかりますし、今の日本では一人暮らし、共働き夫婦が増えていますので今後ロボット掃除機の需要はますます高まり、まだまだこれからだと思っています。

新商品も今後どんどんでてくるでしょうし、新しいメーカーが参入してくる可能性も高いですから、ますます新製品を比較チェックしておすすめ検討していきたいと思います!

一人暮らしこそロボット掃除機がぴったり!おすすめの理由は

一人暮らしをしている方、これからはじめる方、生活家電一式をそろえるのにその中でも「掃除機」はどういったタイプのものをお考えですか?もしくはお使いですか?

ここでぜひ、一人暮らしこそロボット掃除機をおすすめしたいと思います。

 

【お薦め理由1】ワンフロアのお部屋(賃貸)が多いから

一人暮らしワンルーム一人暮らしの方のお家は、主に賃貸だと思います。賃貸マンション・アパートでも学生・社会人いずれもワンフロアの1Kや1DK、1LDKくらいのお部屋が多いことでしょう。このくらいの広さと間取りならお掃除ロボットが大活躍してくれるのです。逆に1っ戸建のお家で2階建て、3階建てだと、ロボット掃除機をその階に運ばないといけない手間がかかります・・・。ワンフロアの部屋なら短時間でお掃除完了できます。

フローリングでもカーペットでも最近のお掃除ロボットならお掃除できます(※毛足の長いラグや絨毯は除く)

ですからワンフロアのお部屋にお住まいの一人暮らしの方には自動掃除してくれるロボット掃除機が活躍してくれるのです。

 

 

【お薦め理由2】掃除する時間がない!時間の節約になる。

時間節約一人暮らしの方が日々の生活で自分でやらなければならないことは、掃除・洗濯・自炊(料理)などやることがいっぱい!日中は学生は勉強、社会人はお仕事されているわけですから、帰宅後毎日掃除機をかけるのも意外とめんどくさいことです。毎日お部屋をキレイにしていたいと思っていても、掃除機がけが3日に一度、週に一度となってしまうのではないでしょうか?しかしロボット掃除機であれば、家主がお出かけされている間に買ってに掃除をしてくれます。これこそ時短!時間の有効活用です。外出時でなくても、家にいるときでも掃除機を自動でかけながら、他の家事をすることができます。ロボット掃除機をかけながら洗濯、料理、片づけ、インターネット、いろいろなことが「ながら」で出来ると掃除をする時間が省け、チェックするだけで部屋がキレイに保てますからとても有効的ですね。

 

【お薦め理由3】部屋掃除のストレスがなくて、いつも快適なお部屋でいられる

快適掃除機ロボットが毎日お掃除してくれたら、掃除の手間がありませんし、忙しい、疲れているのに掃除しなきゃいけない…床の小さなゴミ、ほこりや髪の毛が気になる…気付いているけど掃除機をとりだしてかけるのがめんどくさい…でも気になる…といったストレスを感じることなく生活できるので快適です。

お家に帰ったら毎日キレイなお部屋であることは、とても気持ちのいいことですし、掃除機をかけなきゃいけない…というストレスもなくなります。人のいない時間にお掃除してくれるのですからこんな便利なことはありません。

 

 

 

一人暮らしにおすすめのロボット掃除機4選!

【一人暮らしならルンバとココロボは最上モデルではなく5万~6万のモデルをおすすめ!】

●ルンバ:言わずと知れたお掃除ロボットといえばルンバ!お部屋を隅々までキレイにしてくれます。

●ココロボ:おしゃべりもできてペット感覚で買えるココロボもおすすめ!

 

【ちょっと価格を抑えたい方には2万円から買えるクレモンやエコバックス小型モデルがおすすめ!】

●クレモン:スタイリッシュなフォルムと自動掃除機能、価格のバランスがとれているのでおすすめ。

●エコバックス:狭くても引っかからずに掃除をしてくれるコンパクトタイプも一人暮らしにおすすめ!

いかがでしたか?

一人暮らしの方にはぜひ、お掃除ロボットで快適にくらしていただけるはずと思います。

窓ふき掃除のロボット掃除機で高いところの掃除解決!?

お掃除ロボットといえば、今やルンバをはじめとする床掃除、また最近ではブラーバが人気のモップ掛け(水拭き)お掃除ロボットなどが活躍中ですね。窓の拭き掃除

ではほかにみなさんが日々のお掃除でロボットがしてくれたりいいのに~!

と思う個所は床以外にありませんか?

そう!窓、特にガラス窓の掃除です。

 

今回は窓のロボット掃除機について紹介します。

目次:

1:めんどくさい窓掃除

2:お薦め窓掃除ロボットの紹介

3:ガラスクリーニングロボット WINBOT 製品比較表

4:amazonでの窓ロボット掃除機レビュー・評価参考例

5:今後の窓掃除ロボットについて

 

 

1:めんどくさい窓掃除

意外とめんどくさくて、床掃除ほど毎日とか週一とかでやらないのが窓掃除。

多くの人は大掃除の時くらいしかやらないのではないでしょうか?

 

水拭きやって、乾拭きして、しかも中からと外からと。。。。

窓掃除って正直めんどくさいですよね。

そのめんどくさい窓掃除をロボット掃除機がしてくれちゃいます!

最近は一般家庭のみならず、ホテルやマンションなどでも窓掃除に利用されたりするみたいです。

窓掃除

確かに、こんな広くて大きな窓。。。。人の手で掃除するの大変ですし。

かといって面積が広い分、汚れていると目立ってしまいますよね💦

 

2:お薦め窓掃除ロボットの紹介

●ツカモトエイムのガラスクリーニングロボット HOBOT-168

メーカー公式サイトはこちら:http://www.tsukamoto-aim.co.jp/products/detail_115.html

HOBOT-168

 

●エコバックス(ECOACS)のWINBOT!

窓掃除ロボットWINBOTは、お掃除する人の代わりに窓を自動で清掃する家庭用ロボット掃除機です。
背の高い窓の内側&外側の窓など、ご家庭の窓掃除は時間も体力も使う大変な重労働です。。。
窓掃除のための道具を準備したり窓の周りのを片付けるのも一苦労で、後片付けも時間がかかります。
脚立を使った窓掃除では掃除する人に落下の危険があったり、外窓の掃除では腰を痛めたりと、窓のお掃除には危険も付きまといます。
夏や冬などは外での窓掃除は苦痛でしかありません。
WINBOTは、そんな窓掃除をあなたの代わりに行います。

メーカーサイトはこちら:http://www.ecovacs-japan.com/winbot/

3:ガラスクリーニングロボット WINBOT 製品比較表

こんな方にオススメ 掃除を早く済ませたい方 色々な場所に使いたい方 色々な場所に使いたい方 WINBOTを初めて使われる方
名前 W930 W850 W830 W730 W710
イメージ w930 w930 w830 w730 w710
カラー ホワイト クリアホワイト シルバー ホワイト イエロー
特徴 清掃の効率がバツグンのハイスピードモデル 多数の窓の種類に対応した静音モデル 多数の窓の種類に対応したマルチモデル 水拭きから乾拭きまで行うスタンダードモデル 清掃機能を厳選したリーズナブルモデル
対応窓サイズ 60×35cm 以上 50×50cm 以上 60×45cm 以上 60×45cm 以上 60×45cm 以上
清掃時間
(150×100cm窓)
約3分 約4分 約7分 約8分 約8分
清掃コース 1種類 2種類 2種類 1種類 1種類
リモコン
安全ポッド




平らなガラス
フレーム無し ×
斜めのガラス × × ×
曇りガラス × × ×
フィルムガラス × × ×
リジューム機能 × ×
使用可能なガラスの厚さ 3mm以上 3mm以上 3mm以上 3mm以上 3mm以上
スーパークリーニングリキッド容量 100ml 100ml 100ml 100ml 100ml
本体重量 2.3kg 1.8kg 1.3kg 2.0kg 2.0kg
寸法 307×307×124mm 247×246×115mm 220×220×103mm 232×225×95mm 232×225×95mm
JANコード 4589914860116 4589914860352 4589914860109 4589914860093 4589914860024
素材 ABS、TPE ABS、TPE ABS、TPE ABS、TPE ABS、TPE

窓拭き掃除ロボットは、日本メーカーのものはまだ少なく、現在世界シェア2位のエコバックス社のものが種類も豊富です。

残念ながら大手家電量販店などには置いてないので実物は見れないのですが、amazonなどネットで購入することができます。購入した人のレビューなど参考にするといいかもしれません。

 

4:amazonでの窓ロボット掃除機レビュー・評価参考例

毎年ガラス窓が大きなものだけで25枚以上あり、年をとってきたらとても大変になっていました。腕も今年は痛いので、これ以上傷めないようにと購入しましたが、大当たり。主人と一緒に今年一番のヒット商品だと喜んでいます。音は多少大きいけど、手の届かない高いところや、足場の悪い裏側も簡単にできます。気になるときは2回続けて掃除してもらいます。あとで少しからぶきすればとってもきれいになります。磨くので翌日雨だったけどあまり汚れずにすみました。
3階で外からガラス磨きが不可能な大きな引戸ガラスの掃除のために思い切って購入しました。
新築でこびり付いた汚れもなくガラスがまだ新しいと言うこともありとても綺麗になります。うっすらとしたホコリ汚れが取れ夜景がクッキリ綺麗です!ただ、虫がぶつかった羽の跡は取れませんでしたのでそれだけは端から柄のついたスボンジでゴシゴシしてからロボットに磨いてもらってます。
少し音がしますが、手の届かない窓の掃除を自動でやってくれるので今まで面倒だった掃除が楽になり助かります。
キレイになりました。
体が不自由な私にとって、年末の窓ふきはどうしても出来ないことの一つでした。仕方なく、2年に1回程度プロのお掃除の方をお願いしてやってもらってました。3万円以上かかるのもあきらめていました。
でも今年は以前テレビで見た、自動ガラス掃除機の存在を知り、ネットで情報を集め、やっとたどりつけました。
簡単に出来て、汚れがひどかった窓が見違えるほどきれいになり、やってもらった息子も楽しいと絶賛!
外からもできました。実家の両親に話したら、うちにもやってほしいと頼まれました。本当におすすめです。
5.0
動きがすごい!
我が家は、小さな子供がいるので、ガラスに付着したカビやハウスダストなど気になっていたので購入しました。
窓に吸着しながら、回転して拭き掃除する動きがあまりにもすごくて、つい見とれてしまいました。
3m位のガラスも15分位で、ピカピカになりました。汚れがひどい場合は、滑り落ちない程度にマイペットなどを少量ガラスに噴霧して使うと効率的です。ただ、回転モップが四隅まで届かないので、仕上げは必要です。

5:今後の窓掃除ロボットについて

床掃除、窓掃除に限らず、今後まだまだロボット家電が人の役に立ち、もてはやされる時代がくるのでしょう。ロボットが掃除をしてくれることで、掃除をする時間が他のことにつかえたり、部屋や家の清潔度がアップしたり、余裕のある生活を送れるような気がします。そして一人暮らしの方なども時間を有効に使うことが出来、仕事に行っている間に掃除が終わっていていつも快適に暮らせることに。。。ペットを飼っているご家庭や小さなこどもがいて掃除に時間をかけれない家庭高齢で掃除をするのにも重労働という人たちにとってロボット掃除機は一役を担ってくれそうです。

家の窓

まだまだこれからさらに開発を重ね、良い商品、パワーアップした機能、便利な使い方などがでてくることが期待できます。
窓掃除はロボットがやるのが当たり前の時代がくるかもしれませんね!

 

今日6月8日はロボット掃除機【ルンバ(68)の日】!?

本日6月8日(水)は【ルンバの日】です。

アイロボットの日本総代理店が6.8にちなんでそう決めたんですね♪

グリコのポッキーも1月11日がそのビジュアルからポッキーの日と言っていますが、そんな感じです。

でも6をル、8をバと発音するのはこの国だけの風潮ですから、6月8日ルンバの日は日本だけのようですね。

06

■ 6月8日 ロボット掃除機『ルンバの日』とは
家庭用のロボットを世界で1,400万台以上売り上げる“ロボット掃除機”のパイオニアブランドであるアイロボット社の日本総代理店セールス・オンデマンドが制定。日本でも浸透しつつある“ロボット掃除機”の魅力や正しい知識を多くの人に知ってもらうのが目的です。“ロボット掃除機”の代表ブランドであるルンバにちなんで、6と0と8で「ル(6)ン(0)バ(8)」と読む語呂合わせから「ルンバの日」として2015年6月8日より登録しました。

ロボット掃除機ルンバの日にちなんで、アイロボット社のホームページでは公式ストア限定で6月8日を含む3日間(6/7~9)限定キャンペーンを行っているようです。

アイロボットストアで対象のルンバ機種の購入で、デュアルバーチャルウォール(¥7,500相当)かオートバーチャルウォール(¥6,500相当)がプレゼントになる特典付きです。

キャンペーン詳細は公式サイトでご確認ください:こちら

 

デュアルバーチャルウォールとは?

赤外線の見えない壁を作り出し、清掃エリアを制限。
ご使用方法に合わせて、2つのモードから選択できます。

最大3メートルの壁を作って、進入禁止エリアを設定できる「バーチャルウォールモード」。


お部屋を区切って、ルンバの進入を防ぐことができます。

半径60センチメートルの円形に進入禁止エリアを設定できる 「ヘイローモード」。


ペットの水飲み場なども避けることができます。

バーチャルウォールとは?

最大2メートルの壁を作って、進入禁止エリアを設定できる「バーチャルウォールモード」。
お部屋を区切って、ルンバの進入を防ぐことができます。

 

&プラス!

今7月末までは新機種発売キャンペーンもあるので、「ロボット掃除機 ルンバ」or「床拭きロボット ブラーバ」本体の購入で、ご購入機種に該当した消耗品(フィルター・クリーニングブラシ・クロスなど)のプレゼントもやっていて、ダブルでお得なんです!!

アイロボットキャンペーン キャンペーン期間中、ルンバ or ブラーバをご購入の方にもれなく消耗品をプレゼント! キャンペーン期間 2016年 5月20日(金)~7月31日(日) 応募期間 2016年 5月20日(金)~8月14日(日)

ロボット掃除機ルンバが欲しいとおもっていた方にとってはこのルンバの日に購入検討されるとお得かもしれませんね。

期間は明日6月9日までがルンバの日対象ですので、ダブルでお得となっていますよ。

 

また、アイロボット日本総代理店セールス・オンデマンド株式会社が6月8日のロボット掃除機『ルンバの日』に向けて、過去3年以内に自宅でロボット掃除機を所有し、使用経験のある全国の30 代から 50 代の既婚男女600名を対象にしあアンケート結果を公表しています。

「ロボット掃除機利用経験者調査」

『セールス・オンデマンド調べ』 詳細はこちら

■一度使ったら、元の掃除スタイルには戻れない!ロボット掃除機の使用満足度は約8割
ロボット掃除機の満足度について聞いた結果76.5%が満足していると回答していることが分かりました。
また、ロボット掃除機の必要性についても、25%が「ロボット掃除機が生活に不可欠」、47.5%が「ロボット掃除機を必要とすることが多い」と回答し、72.5%がロボット掃除機を必要と感じていることが判明しました。
家事を自動家電やロボットに任せたいと思うかという問いに対しては、4人に1人は「出来るなら全ての家事をロボットや自動家電で任せたい」と回答し、約半数近くが家事にロボットや自動化電を活用することを選んでいることが分かりました。特に年代別では、30代が家事をロボットや自動家電に任せたいと回答することが多く、家事・育児や仕事への両立が最も大変な時期にロボットや自動家電を効率的に使うことで、時間短縮が図れるため、重要視されていることが伺えます。
ロボット掃除機を家族や知人にも購入やプレゼントをしたことがある人は、12.4%、家族や知人にも購入を勧めたことがある人は、43.8%と半数以上がロボット掃除機の便利さや魅力を他人にも伝えていることが分かりました。

■掃除以外にもロボット掃除機を所有したことによるプラスの効果
ロボット掃除機があってよかったと感じるエピソードを聞いたところ、「家族は掃除を手伝ってくれないのでロボット掃除機と分担することで掃除のストレスやプレッシャーから解放された」、「掃除に関する夫婦喧嘩の軽減」、「やる気が出ない時にもロボット掃除機が健気に働いている姿に励まされる」など、精神面においてもプラスの影響を感じる回答が数多く得られました。

Q:「ロボット掃除機があってよかった」と感じたエピソードがあれば教えてください。
《主な自由回答》
・毎日の掃除機がけが面倒で嫌だったが、ロボット掃除機のおかげで家事のストレスが少し減った。
・掃除を任せて他の家事と同時進行ですることができるので時短対策に助かっています。
・家族は掃除を手伝ってくれないので、自分とロボット掃除機で分担して掃除しています。
・共働きのため、どちらが掃除をするかで喧嘩することがなくなった。
・なんとなく、やる気が起きない時に助かる。
・残業して帰って来ると家族は寝ていてもルンバだけが動いていていじらしかった。
・掃除をしなければというプレッシャーから解放された。
・健気に働く姿を見るとその時間、自分も一緒に、他のことをして働きたくなる。

 

という調査結果が出たそうです。

ロボット掃除機が日本の家庭の必需家電のひとつとなってきていることを実感しますね。

ルンバの日にルンバに日ごろのお掃除のお礼はいかがですか?

thanks

すでにルンバがお家にいる方は、今日はルンバの日ですが、お家のルンバ君のお手入れをしてあげたらいかがでしょうか?

いつもお掃除してもらっているので、ルンバの日の今日は、お礼ね!という感じで♡

せっかくのルンバ68の日!記念に覚えやすいですね♪

 

ロボット掃除機の薄型コンパクトモデルのおすすめ4機種

日本には薄型(高さの低い)お掃除ロボットが合う理由

ロボット掃除機を購入前にまず必ずチェックしていただきたいことがあります。

それは自分のお部屋の家具とロボット掃除機くんとの相性です。

高価なロボット掃除機を買ったのに、家具に挟まって動かない~!必ずそこで停止してしまう!なんてことになったら元も子もないですからね。だって、ソファやベッド等の家具の下こそ、掃除し難くてホコリやチリがたまってしまうところですから。そこが掃除できないとロボット掃除機時間節約する意味ありませんもの。

特に日本のお家にある家具は欧米の家具に比べてスマートで省スペースなものが多いので、ロボット掃除機のサイズと自宅の家具の相性を事前に確認しておきましょう。

私のチェック事項1番は横幅より高さです。

ソファ下、ベッド下、棚下など足があるタイプの家具の底と床の間の高さがロボット掃除機が動ける隙間があるかをチェックしましょう。我が家の場合、テレビボード下でいつも挟まって止まっていました…。ぎりぎり微妙な高さだったので、行けるかと思いましたが、行けませんでした・・・

 

ロボット掃除機の薄さ重視で製品を決めたい場合は、スリムタイプの以下の4機種おすすめします!家具床下6cm以下対応のお掃除ロボット。

●ANABAS スリムロボクリーナー SZ-M110 55mm


超薄型設計で薄さ5.5cm。
ソファーやベッドの下もスイスイ。
拭き掃除用シートを取り付ける事で、細かいホコリを除去します。

 

●CCP mopet 56mm


手のひらサイズの小さなモップロボット掃除機。
抜け毛やホコリ、見えないハウスダストまでしっかりモップ吸着
家具の下やベッド下など狭いスペースもお掃除できるスリムコンパクト

●エコバックス  DEEBOT SLIM DA610 57.0mm

・超薄型ボディ&コンパクトデザイン
今までのロボット掃除機の常識を覆す、超薄型ボディのロボット掃除機。
薄いボディの中にもロボット掃除機に必要な機能をしっかりと搭載しているので、家具と床の隙間や狭い場所でもきっちりお掃除をしてくれます。
一人暮らしや一部屋用、コンパクトだからお手軽にお部屋のお掃除が任せられます。
・ゴミ吸引&フルサイズモップ
小さなボディですが、吸引部の後ろにフルサイズのモップを搭載しているので、サイドブラシの掃き掃除、吸引部で吸い取り、後部のモップ掛けで床を清潔できれいにお掃除します。
もちろんモップは取外しができるので、様々な床面でお使いいただけます。

●エコバックス Deebot D35 57.5mm

スリムデザイン&技術を凝縮
ロボット掃除機に搭載される多くの技術が薄い本体の中には詰まっています。
通常の機能を持たせたままで、厚さ57mmのサイズを実現しました。
・パワフルモーター
小さいボディの中でも効率よくお掃除ができるように、パワフルなモーターを採用。
入り込むことが大変な場所でもパワフルにお掃除。
・DEEBOT D35は8組の赤外線センサーを搭載。
高性能な状況把握能力で状況を把握し、最適な動作を割り出します。
・少しの段差なら楽々乗り越える
床に敷いたラグやカーペット、敷居などの低い段差なら軽々と乗り越え、スムーズにお掃除を続けます。
・自動充電機能搭載
お掃除が終了するか本体の充電が無くなると、自動で充電台に戻り充電を開始します。
・落下防止センサーシステム
本体に搭載された落下防止センサーが、8cm以上の段差を検出すると、避けて新しい経路を算出します。

 

家具の床からの高さをチェックしたら下記に各社ロボット掃除機の高さ一覧を作成したので、自宅の家具の床下を計ってこの機種ならいける!というのを確認して、比較検討してみてください。

メーカー 機種 最薄シリーズ 高さ
アイロボット Roomba(ルンバ) 92mm
シャープ cocorobo(ココロボ) 77~99mm
東芝 TORNEO(トルネオ) 87mm
パナソニック ROLO(ルーロ) 92mm
アイロボット ブラーバ 79mm
東芝 スマーボ  VC-RB7000 80~93mm
ネイトロボティクス Botvac 100mm
ツカモトエイム minineo AIM-RC03 75mm
ツカモトエイム ecomo AIM-MRC01 77mm
ダイソン 360 eye 120mm
エコバックス DEEBOT Deebot D35 57.5~8mm
CCP  LAQULITO CZ-C02/CZ-S01 70~76mm

 

 

しかし、すでにメーカーはルンバ(Roomba)に決めているんだ!という方で今の家具だと動かないかも…という方はもう家具を変えるしかありませんね…💦

家具をとるか!掃除機ロボットをとるか!みたいな話になってきちゃいましたけど。。。

おおよそ10cmあれば、掃除機ロボットは動けるようですね(ダイソン以外)。

 

実際、ロボット掃除機をかけるために、床上に物を置かなくなってキレイになるとかいう話も聞きますし。

片付いた部屋

掃除好きに意識が変わるということはあるようですね!

やはりお部屋がキレイだと心もすっきりしますし、お掃除ロボットの力を借りてキレイ維持を心がけましょう!

日本と海外のロボット掃除機の普及率について。

まだまだこれから。

20人に一人はもっている家電がロボット掃除機。

今、100%といわれる家庭の掃除機普及率において、2016年現在、ロボット掃除機の普及率は3%~5%と言われています。まだまだ新しい分野で今後成長が見込まれるお掃除ロボット市場。

仮にmaxの5%普及率だとすると20人にひとり持っている計算になります。

残り19人はふつーの掃除機。まだまだロボット掃除機が一般家庭に広まるには時間がかかりそうですね。

ロボット掃除機クリーナー

たとえば今は自動洗濯機が当たり前ですが、昔は洗濯板で手洗いが普通だったのですから、時代と共に人々の生活は変化し、それに伴いいっしょに生活する家電線品も変わってくるはずです。

すこし前のデータ(2015年11月)ですが、その中でも機種メーカーとしてはルンバがダントツのようです。

ロボット掃除機メーカーシェア%

出典:http://smartanswer.colopl-research.jp/reports/1e77368a-ef5c-468c-937a-02f1b446a700

ロボット掃除機=ルンバが代名詞となっていますが、このロボット掃除機市場の普及率をあげるためには、ルンバだけではなく他のメーカーが多く参入し、競争することで活性化していくので、日本メーカー、海外メーカー問わず、多くのロボット掃除機がでてくることは市場活性化のために望ましいことだと考えます。

いち消費者としても選択肢は多いほうがいいですし、各社競争して良いロボットが出てくることに越したことはありません。

 

最後に、現在ロボット掃除機を使っていないと答えたユーザーに今後ロボット掃除機を使ってみたいかどうか質問したところ、利用したいと答えたユーザーが37.0%、利用したくないと答えたユーザーが23.8%という結果になりました。

利用したい理由としては、「楽がしたいから」、「面白そう」、「かわいいから」、「あっても邪魔にはならないから」、「一度試してみたいから」などの理由が、利用したくない理由としては、「あまり信用できない」、「必要性を感じない」、「うるさそう」、「価格が高い」、「家が広くないから」、「2階建てだから」、「フローリングじゃないから」、「荷物が多いから」などの理由が上がりました。また、利用したい、利用したくないのどちらの理由としても「ペットがいるから」が上がっている点が興味深いところです。

 

良いと思っているのにイマイチ普及率が急拡大しないのはなぜだろうか?

私が勝手に考えるに以下の点がある。

●日本人独特の掃除は人がやるもの、という意識。ロボットに任せられない。

●建物が新しくないと段差の多い日本家屋では使えない

●すでに持っている掃除機が日本製で性能が良く、壊れないと買い替え、買い足し検討しない(原状満足)

●気軽に購入できる価格ではない(性能にこだわる日本人ならではの、安いものではなくちゃんとしたものを買いたい)

●経験がないからイメージができない=必要性を感じない

以上の点があげられるのではないかと思う。

では、日本ではまだまだこれからのスタートしたばかりのロボット掃除機分野ですが、海外ではどうなのでしょうか?

調べてみました。

 

 

世界のロボット掃除機市場は2016年から2020年の間に15.3%のCAGR(複合年間成長率)で成長すると予測。

※CAGR(年平均成長率)とは、複数年にわたる成長率から、1年あたりの幾何平均を求めたもの。 例えば、100百万円の売上高が3年間で160百万円に伸びたときの、3年間の平均成長率を考える。

出典:詳細:https://www.gii.co.jp/report/infi352233-global-robotic-vacuum-cleaner-market.html

つまり日本のみならず、世界各国でも今後ロボット掃除機の普及率はあがっているだろうと予想されている。

また報告書は、消費者はより良いエネルギー効率と長時間使用を求めていると述べています。 したがって、ロボットのバッテリー寿命(ランニングコスト)に関連する問題は、予測期間中に、掃除用ロボット市場の拡大に影響を与える可能性があります。

まだまだ新しい家電であり、今後伸びていく途中でしかない。

各メーカーもますます様々な機能を搭載したお掃除ロボットを発表してくるのでしょう。

今お持ちの掃除機が壊れるまではそれでしのいで、次の買い替えで検討してもよいかもしれませんね。

あるいは、最近は値段もずいぶん手頃になりましたので、個人的にはまず2万円前後で機能の揃ったコンパクトロボット掃除機を買い足して、試してみたいと思っています。

 

店頭比較できるのは大手メーカーの掃除機ロボットだけ。

ロボット掃除機がほしいな。検討したいな。と思った時に皆さんが起こす行動は?

1:ネットで調べる

2:電機屋さんにいって実物を見る

のいずれかかなと思います。実際私も両方しました。最近では実店舗で調べて確認だけして購入するのはネットで。というショールーミング化が問題視されたりもしていますが、ある程度はしょうがないですよね。。。

ネットで事前に人気機種や性能、価格を比較して、ある程度目星をつけて家電量販店に行きました。

でも、量販店に行って気づくことがあります。

ネットで比較していた機種がすべて量販店にあるわけではない、ということです。

主に有名メーカのものはありますが、amazonでは人気のCCP社のものなども置いてはいるものの機種が少ないですね・・・

家電量販店は決まったメーカーと契約、在庫仕入れしているのでネットでしか売っていないメーカー商品もあるのです。

そうなると、実物を手に取ってみることができないんですよね。。。

最近ネット通販では実物を見ずに買うことに慣れてきてはいますが、それでもやはり実物が見たいのは消費者。

できればロボット掃除機全メーカー機種を一同に揃えていて比較検討できるところがあればいいのにーと思うものです。

 

でも例えば、大手量販店のヤマダ電機さんなんかはネットを見ると多くのメーカーを取り扱っていることがわかります。全然聞きなれない海外のメーカーまであったりします。

ヤマダ電機で取り扱いのあるロボット掃除機メーカーはこちら↓

・アイロボット(iRobot)
・シャープ(Sharp)
・東芝(TOSHIBA)
・シーシーピー
・ダイソン(dyson)
・パナソニック(Panasonic)
・アクア(AQUA)
・ネイトロボティクス(neato)
・ミーレ(Miele)
・JWO
・XRobot

これらは言えは店頭で実物をみて比較できる可能性があります。これ以外のメーカーのものはなかな手に取って確認する場が今のところなさそうですね。世界でシェア2位といわれているECOVACS(エコバックス)の掃除機は今のところネットでしか取り扱いがないようで、実物を見れるところがないのはなぜなのか。なぜ日本販売にもっと力を入れてくれないのでしょうか?個人的にECOVACSが気になっているだけに残念であります。。。

店頭にない商品が気になっている場合、口コミやレビューを見て、あとは自分の判断で決めるしかないですね。

これは家電だけに限らないことですが、ロボット掃除機は金額も高価なので、実物を見ないままネットでポチっと購入するのは勇気のいることだと個人的に感じています。

女子力UP!デコルンバでロボット掃除機もオシャレ家電!?

お店では売っていないオシャレロボット掃除機
家電といえば白色が多く、最近では黒や赤なども人気がありますが、どんなお家でも合うようにおそらく白が重宝されてきているのではないかと考えます。ロボット掃除機も同じく、人気メーカーのものは白か黒がほとんどです。

最近ではそのシンプルな家電を自分でデコレーションするのが主婦の方や独身女性の間で流行っているようです。

お家の家電を自分流にデコることで、オリジナリティが増し、女子力の高い女子はそこにお金をプラスでかけるわけです。

ロボット掃除機人気販売NO1のルンバもこんなキャンペーンをやっているくらいです。

デコルンバ コンテスト:スワロフスキー社のパーツを“画材”としたデザイン&アート・スクール「PCA アカデミー」様のご協力のもと、14名のクリスタル・アーティストの皆様に、素敵なデコルンバを制作していただきました。当サイトにて9月16日~10月31日まで行った人気投票により僅差ながら人気ナンバー1が決定。気になる投票結果は、右のボタンより特設ページへお進みください。

家電をデコる?とイメージが沸きにくいかもしれませんが、見れば納得!

ロボット掃除機のシンプルで平面的なデザインだからこそのデコレーションでとても素敵です。

以下ルンバサイトより引用させていただきます:

以下写真出展:https://www.irobot-jp.com/special/decoroomba/

クリスタルアーティストkaoさんのデザイン

スワロフスキーのラインストーンで爽やかオシャレデザインのルンバ!

これがお家を掃除していると思うと、センスの高さを感じます。

お花のデザインで、とてもこれがロボット掃除機とは思えない美しさです。

1位の作品。

青のグラデーションが美しく、家電ではめずらしい青系になって美家電!

2位の作品。

イチゴとピンクが女子力高い!とってもかわいらしく個人的にこれが売られていたら買いますね!!

3位の作品

男女・年齢問わず、受け入れられそうで、オリジナリティあるルンバに変身してますね。

シンプルだけどセンスを感じるデザインです。こんなお掃除ロボットのデザインはないですよね。

 

しかしさすがにここまでデコるとルンバ本体もさながら、デコレーションアレンジにもかなり費用がかかりそうです。。。

スワロフスキーやラインストーンなどはプロに依頼しないと難しそうですが、個人でも簡単にアレンジデコできるシールタイプ(¥3,000くらい)のものもあります。

以下写真出展:http://chilori.com/category/works/2014/04/dekoroon.html

ルンバ用デコシールデコルンたしまかなモデル販売開始 ルンバ用デコシールデコルンたしまかなモデル販売開始

ルンバ用に作られているのでサイズもピッタリ!これなら女子でも手軽にできますね!

なんといってもステッカータイプなので貼るだけ簡単デコルンバ

 

テントウ虫やお魚など子供が喜びそうなカワイイデザインのルンバステッカーも!

いかがでしたか?

ルンバを買って、見た目のイメチェンしたいなーって思って来たら、こういうデコルのもありですね!

 

【2016年6月追記】

先日ショッピングセンターに行ったらこんなルンバが売られていました!

ルンバデコ(店頭)

ルンバ本体にすでにデザインされているんです♪

ルンバデコの人気から、オリジナルでつくったのでしょうか?

価格は4万弱なので、ルンバ6シリーズですね。

私的に好みのデザインではないですが、強いて言うなら右の青い小花デザインほうがいいかなー。

でも花柄女子向けルンバ!市販されているなんて♡進化してますねー!

 

違ったお掃除ロボットの楽しみ方をご紹介しました。

女子力ある掃除されている部屋

お掃除ロボットで毎日キレイにして、お部屋も自分も磨きたい女子には力強いオシャレアイテムのひとつになりそうです。

購入前に一読!ジェネリック家電ロボット掃除機お薦め6つ!

ロボット掃除機といえばアイロボットのルンバ!ですよね。

ただ価格が高い…6万、8万、10万以上するモデルもあります。

シリーズがいろいろありすぎてよくわからないという声も多いですね。

そんなロボット掃除機も発売から10年近く経ち、ジェネリック家電でもロボット掃除機がでてくるようになりました

ジェネリック家電とは?

ジェネリック家電(ジェネリックかでん)とは、ブランドにこだわらず技術的には大手メーカーと同等の部品を使いながら、過剰な機能を落とし低価格を実現した日本家電商品。

 

まずは高価なルンバに手を出さず、お試しでロボット掃除機を使ってみたいという方にはジェネリック家電で検討するというのもおすすめです。

ということで。エントリーにおすすめな1万円台以内で買える&充分な掃除機能のある機種をピックアップしてみました。

 

amazonで人気!

ツカモトエイムのロボットクリーナー ミニ ネオ

●約23.5cmの手の平サイズで、ソファーやベットの下もスイスイお掃除してくれる
●基本性能が備わったスタンダードモデル。スイッチひとつの簡単操作
●「らせん走行」「バンパー走行」「壁沿い走行」、3つのプログラム動作でお部屋を広範囲にお掃除する
●「落下防止センサー」「高感度ショックセンサー」、2つの安全装置が階段などの段差や障害物を感知するので、安心してお掃除ができる
●ダストボックスは簡単に取り外せて手洗いOK

ツカモトエイムの商品公式サイトはこちら:http://www.tsukamoto-aim.co.jp/products/detail_78.html

 

■CCPのLAQULITO

●【スイッチ1つですみずみお掃除】スイッチを入れるだけの簡単操作。自動でお掃除を開始
●【省スペース】充電台の付いた新しいデザインのロボットクリーナー。縦置きなので置く場所に困らない
●【1台3役のお掃除機能】(かきこみ)2つの回転ブラシが、お部屋の隅にたまったゴミまでしっかりかきこむ (すいとる)バキューム方式で、かきこんだゴミやホコリを効率的に吸引 (ふきとる)専用モップシートを装着すれば、汚れを拭き取る事が可能 ※カーペットのあるお部屋ではモップシートホルダーを外してください
●【薄くて軽い】ベッドやソファの下など手の届きにくい場所もお掃除可能。約1.5kgの軽量設計で片手で持ち運べる
●【3つのクリーンモード搭載】ラクリート本体が3つの動き(スパイラル・ランダム・壁づたい)を自在に組み合わせ、お部屋をすみずみまできれいにお掃除
●【段差を乗り越える】最大7.5mmまでの段差を乗り越えるので、フローリングとカーペットの境目なども、スムーズに対応
●【落下防止感知センサー】走行中に、本体底部にある落下防止感知センサーが、高さ10cm以上の段差を感知し、落下を回避

CCP(シー・シー・ピー)メーカー商品紹介サイトはこちら:http://www.ccp-jp.com/life/laqulito/index.html

 

V-BOTの自走式ロボットクリーナー マカロン

●直径24.2cm、重さ約1kgの小型軽量なロボット掃除機です。
●特許を取得した陰圧式吸い込み口、2つの回転ブラシ、容量290mlのダストボックスでしっかりお掃除します。
●最大12畳程度のお部屋に対応し、満充電状態なら最大で約45分お掃除をします。(満充電に要する時間は4~6時間です)
●ケーブルなどの巻き込みを防止する、安全カバーが付いています。

V-BOTのメーカー商品紹介公式サイトはこちら:http://www.v-bot.jp/macaron/index.html

 

■ANABASのスリムロボクリーナー[SZ-M110]

●超薄型設計:薄さ5.5cm。ソファーやベッドの下もスイスイ。
●ワンタッチボタン:操作は簡単ワンタッチ。複雑な操作は必要ありません。
●落下防止機能:段差を検知し、旋回しながら掃除を継続します。
●サイドブラシ:2つのサイドブラシで小さなホコリなどを強力に掻き込みます。また、取り外して水洗いも可能です。
●拭き掃除機能:拭き掃除用シートを取り付ける事で、細かいホコリを除去します。
●【仕様】充電時間:約5時間(電池の状態により、充電時間は変わります。)
●稼動時間:最大約60分(床面の材質・使用環境により異なります)

ANABASのメーカー商品紹介公式ページはこちら:http://www.anabas.co.jp/taichiholdings/j/product/sz_m110/

 

■BMXrobotのお掃除ロボット MAO【マオ】

●バッテリー長寿命リチウムバッテリー(800回の充放電後でも約80%の容量を維持しています)
●毎日動かしても約2年2カ月の長寿命。平日だけなら約3年間。バッテリーはご自分で簡単に交換できます。
●UV機能:UV殺菌灯を搭載。
●モップ付属のモップを取り付ければ、ブラシで取れない汚れをモップが拭き取ります。簡単に取り外して丸洗いも可能。
●自動充電:掃除後は自動で充電ドッグに戻ります。
●衝突防止:赤外線センサーとソフトタッチセンターのダブルで障害物を検知します。
●リモコン(予約機能)付便利なリモコンが付属。ライフスタイルに合わせたお掃除スケジュール(曜日・時間)を簡単に予約できます。
●段差乗り越え機能:パワフルモーターで段差を楽々乗り越えます。(最大2cm)
●低騒音マンションで夜中に使用する方、ペットや赤ちゃんがいるご家族にもオススメです。
●USBポート付停電時に便利な充電用バッテリーになる「USBポート」付き。

BMXrobotのメーカー商品紹介ページはこちら:http://www.bmxrobot.com/service.html#mao

 

■クレモンのMR6600シリーズ(スタンダードモデルMR6680J-G)

●1時間のスピード充電/60分作動
●環境に優しいリン酸鉄リチウムイオンバッテリー
●水洗い可能な大容量ダストボックス
●国内メーカー製のBLDCモーター
●ベッドの下、ソファーの下、家具の下を集中的に掃除するシャドウモード
●高さ約8センチのスリムデザイン
●自動充電
●モップ装着可能

クレモンメーカーサイトはこちら:http://clemon.smile-mon.jp/

 

いかがでしょうか?

今回は1万円台以内で買えるロボット掃除機たちを紹介しました。

一般的には聞き馴染みのないメーカーのものが多いですがジェネリック家電ですから。

しかしレビューなど評価はまずまずよく、はじめてロボット掃除機を試しに使ってみる!買ってみる!という方にはおすすめです。